BUSINESS

事業内容

新規お取引の流れ

新規のお取引についてご案内します。

01

お問い合わせ

お電話・FAX・お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • TEL 0120-530-902
  • FAX 054-622-6591
02

訪問 / お打ち合わせ

訪問して現状をお伺いいたします。
現状確認をさせていただき、サンプルをお預かりします。

03

サンプルの分析 / リサイクル方法の検討

お預かりしたサンプルを弊社にて分析します。
適切なリサイクル方法を検討します。

04

ご提案 / お見積り

お客様の条件に合う処理方法をご提案します。
廃棄物の品目や量の確認後、スピーディーに見積書を作成します。

05

ご発注 / ご契約

法律に沿った廃棄物処理・委託契約書の作成をします。

06

回収

適切な回収方法・適した車両にて、迅速な回収をいたします。

07

処分

お客様の要望に合わるとともに、適正に処分いたします。

08

アフターケア

廃棄物処理後もお客様をしっかりとサポートさせていただきます。

総合リサイクル事業

『リサイクル」は環境破壊の抑制のみではなく、私たちの生活を豊かにする産業活動を支える基盤です。
チューサイの”総合リサイクル事業”では幅広い廃棄物を取り扱っています。

弊社工場では、これまでの経験を生かし
サーマルリサイクル=熱エネルギーへの再利用
マテリアルリサイクル=再生原料として利用する
などのリサイクルに力を注いでいます。

私たちは、これからも処理技術の開発・業者との提携を強化することにより、さまざまなニーズにこたえられるリサイクルの提案を努めて参ります。

取扱品目

種類 具体例
  • 廃プラスチック類 廃ポリウレタン、廃スチロール、梱包フィルム、廃ポリ容器
  • 金属くず 研磨くず、切削くず、ドラム缶、一斗缶、銅線
  • ガラスくず・コンクリートくず
    および陶磁器くず
    空き瓶類、板ガラスくず、破損ガラス、石膏ボード、セメントくず(製造過程で発生したもの)
  • がれき類 コンクリート破片、アスファルト破片、レンガ(工作物の除去等に伴って生じた各種廃棄物)
  • 燃えがら 石炭殻、焼却炉の残灰、廃活性炭
  • 汚泥 下水汚泥、脱水汚泥、建設汚泥、ガラス研磨くず
  • 廃油 機械油、潤滑油、グリス、燃料油、塗料、溶剤
  • 廃酸 廃硫酸、廃塩酸、廃棄飲料、調味料
  • 廃アルカリ 金属石鹸廃水、廃ソーダ液、写真現像廃液
  • (※)紙くず 特殊紙(加工紙、アルミ蒸着紙等)、粘着テープ(ラベル、ガムテープ等)、ロール状損紙、平判損紙
  • (※)木くず 木材工業廃材、解体材、新築系廃材、梱包材
  • (※)繊維くず たたみ、絨毯、羊毛くず、糸くず、木綿くず
  • (※)動植物性残さ 食品廃棄、茶かす、コーヒーかす、缶詰、野菜くず
  • (※)鉱さい 炉の残さい、不良鉱石
  • ばいじん 焼却灰(集塵機で集められたものに限る)
  • 特別管理産業廃棄物 引火性廃油、腐食性廃酸、腐食性廃アルカリ、感染性廃棄物、特定有害産業廃棄物

(※)特定の事業に伴うもの

蛍光灯・乾電池

蛍光灯と乾電池は定期的に巡回回収しリサイクル工場へ直送します。
また、ご希望の回収日に添えない場合は自社工場に積替え・保管場所の許可がありますので弊社での一時保管が可能です。

一般廃棄物

一般廃棄物の回収についてはエコライフアシストにてお取り扱いいたします。

施設紹介

アースプロテクションセンター 第一工場

〒421-0212静岡県焼津市利右衛門1241番地
TEL 054-631-5505 / FAX 054-631-5506

アースプロテクションセンター 第二工場

〒421-0212静岡県焼津市利右衛門1182番地

サーマルリサイクルとマテリアルリサイクルを中心に行う総合リサイクルプラント

アースプロテクションセンターは、サーマルリサイクルとマテリアルリサイクルを行う総合リサイクルプラントです。
サーマルリサイクルでは、廃棄物を原料に35mm径、8mm径のRPF製造施設を計3ライン稼働しています。前工程として後述の複合型選別機にて選別を行うことで、埋立処分にまわしていた混合廃棄物の固形燃料化を実現しています。また、EP第一工場では焼津市より一般廃棄物の処分許可を取得し、家庭から回収したプラスチックのサーマルリサイクルも行っています。
マテリアルリサイクルでは、ペレタイザーにて廃プラスチック類をペレット化しています。ペレットにすることでプラスチック原料へリサイクルすることが可能になります。

混合廃棄物の選別

EP 第一工場の固形燃料化施設の前工程として、複合型選別機にて混合廃棄物の選別を行っています。
まず、手選別で塩ビなどRPF 原料不適物を取り除き、この複合型選別機で、軽量の廃プラと中間比重のもの、金属付着プラや硬質プラなど比重が大きいものに分けています。選別の徹底により、多様な廃棄物のリサイクルを促進しています。

RPF製造施設

汚れのひどい物、複合材等、マテリアルリサイクル困難な廃棄物でも、でRPFとして再生することができます。
化石燃料の代替として製紙会社等のボイラー燃料として使用される高品質な固形燃料へリサイクルされます。

ペレタイザー

主にPP シート・PE フィルムを、再生原料となるプラスチックペレットへリサイクルする施設です。廃プラスチック類の投入後、破砕からペレット化までの工程がすべて自動化されており、効率的なリサイクル処理を行うことができます。

中和処理施設

廃酸・廃アルカリをそれぞれ、個別に薬剤を使って安全に中和処理します。
処理後の廃液は、委託先の処理施設にて燃料へとリサイクルします。

大型破砕機

搬入された廃プラスチック類や古紙、段ボール、木くず、ガラスくず等を小さく破砕する大型破砕機です。

圧縮機

ペットボトルや軽い軟質系のプラスチック等を圧縮し、金属でできた番線を使って留める横型プレス機です。

破砕分離施設

製品廃棄のペットボトルや缶に入った飲料を粉砕し、容器と液体を分離処理する機械です。ペットボトルと缶も磁力選別機により選別されます。分離した液体は、委託先の処理施設にてメタン発酵燃料や飼料へとリサイクルします。

収集運搬事業

チューサイは、長年のノウハウと様々な運搬車両の保有により廃棄物の種類や規模に合わせた最適な運搬を行っています。

保有車両

保有車両一覧

計量器付きパッカー車 / フックロール車 / ウイング車 / ユニック車 / バキューム車 / 高圧洗浄車

計量器付きパッカー車

一般的に言われる" ごみ収集車" です。
プレスすることで減容しながら車載容器に積み込みます。
これによってごみの飛散を防ぎ、効率的な回収を行うことができます。

フックロール車

車両と荷台となるコンテナが分離できるアーム式脱着装置付きコンテナ専用車です。
お客様のところに設置された大型の廃棄物コンテナを、効率的に入替・回収することができます。

ウイング車

荷台部の側面を開閉することができるウィング車です。
側面を開放し、フォークリフトで荷物の積み下ろしを行います。積載量も大きく、様々な廃棄物を運搬可能です。

ユニック車

積卸用のクレーン装置を備えたユニック車です。
1.5㎥や3㎥等小型の廃棄物ボックスをクレーンを使って積卸しし、入替・回収を行います。

バキューム車

吸引器とタンクを装着したバキューム車です。
主に液状の廃棄物を吸引し、運搬を行います。

高圧洗浄車

強力なパワーでノズルから高圧水を噴射し、
側溝やタンクなどの付着物を剥離させ洗浄します。